▲●● TANA Gallery Bookshelf


About | Exhibitions | Projects | Access



ABOUT

Founded in 2010, TANA Gallery Bookshelf is an alternative space situated in a bookshelf in Bigakko in Kanda, Tokyo, an old private art school acclaimed for its dialogue-based, liberal arts education by leading artists and practitioners in various fields since its inauguration in 1969. With a modest space that measures 85/30/15 centimeters on the top-left corner of the bookshelf in a narrow corridor, we collaborate with a range of artists to present site-specific exhibitions while organizing projects in other, usually unusual places as well.

Initially conceived as a micro-architectural answer to French philosopher Henri Lefebvre's idea "new social relations demand a new space, and vice-versa," the gallery offers a set of unique spatial conditions for artists and visitors to variously improvise social fabric through the exhibition, as a node of static/ephemeral vernacularities already there and new human and non-human relations brought in there through each exhibition, i.e., each temporal spatial construction as what the French urbanist called "production of space."

Although often described "small" (or even counterfactually praised "smallest in Tokyo"), we never try to promote the idea of smallness itself as easily associated with Tokyo-ness or reactive anti-establishment politics. Instead, the venue is simply designed to be "just enough" to expose the particularities of a given space, which can be found everywhere but loosely disregarded in bigger places, and to encourage artists to revisit their own creative identity and enact it into another, different but coherent form.

Our mission is to maintain a minimum yet actual site for free aesthetic imagination not bound to two major sources of confusion in Japan - plausible marketism and anti-marketism ("plausible" because contemporary art market in Japan is too weak to count seriously or to stage ideological struggles against) and, more importantly, what can be called curatorial functionalism, which tends to rush down to novelty and zeitgeisty timeliness alone and consume the complexity and indeterminacy of ongoing art practices into pre-fabricated contexts and set-phrases too easily (which often results from the delayed yet uniquely orchestrated collective consumption of well-promoted global trends).

With full respect to the critically-negotiated autonomy of art and the socio-political potentials of aesthetics as such, we encourage artists to stay open to individual thought and inspiration, find its place in reality, and share its fruits in society.

NOTE

- The exhibition venue is usually unmanned, just on display in the school building during its opening hours. If you want attendance of the exhibiting artist or our gallery staff, please join opening reception or related events, or contact us in advance.
- The gallery does not represent artists. If necessary, please find their contact information from each exhibition detail.

STAFF

Maas/Masamichi TAMURA (Curator / Director)
Masaru KAIDO (Photographer)

-

ギャラリーについて

TANA Gallery Bookshelfは、古本の街として知られる東京都神田にある「美学校」の本棚の一段を用いたオルタナティブスペースとして2010年に設立されました。1969年に設立された美学校は、先鋭的なアーティストや様々な分野の実践者による対話的なリベラルアーツ教育によって高い評価を受けている私設の教育機関です。狭い廊下に置かれた本棚の左端最上段の幅85/高さ30/奥行15センチメートルのささやかな空間を拠点として、私たちはさまざまなアーティストとコラボレーションを行いつつ、他にも度々普通の展示空間ではない場所でアートプロジェクトの企画を行っています。

フランスの都市哲学者アンリ・ルフェーブルの「新しい社会関係には新しい空間が必要であり、その逆もまた然りである」という言葉に対するひとつのマイクロ・アーキテクチャルな答えとして設立されたこのギャラリーにおいて、各々の展示はアーティストと来場者がともにその固有の空間的条件を通じて社会的なつながりを即興的に編み出すための機会として開催されています。各々の展示はルフェーブルが「空間の生産」と呼んだ一過的な空間の構築として、すでにその場に存在している不変的/不定的なヴァナキュラーなものごとと、その都度ごとに新たに持ち込まれる人と人ならざるもののさまざまな関係性の結節点となります。

しばしば「小さい」(あるいは好意的ながらも事実に反して「東京で最小」)と評されるこのギャラリーですが、私たちは「小ささ」そのものを東京らしさや反動的な制度批判と短絡的に結び付けられるものとして追及しているわけでは決してありません。むしろ、この空間はただ「必要十分」な大きさとして設計されています。あらゆる場所に存在していながらも、より大きな場所ではぞんざいに扱われがちな空間の固有性というものをはっきりと示し、その空間化された想像力を通じて、個々のアーティストが自分自身の創造性を再び探訪し、それを一貫性を持った別のかたちへと表現しなおすための環境として、この本棚一段の空間は十分かつ最適な大きさだといえます。

私たちのミッションは、美学的な想像力が自由になれる場所を、必要最小限であっても実在するものとして維持することです。この自由は、日本における二つの主たる混乱から距離を置くことを意味しています。そのひとつが、もっともらしい市場主義ならびに反市場主義(日本の現代アート市場の規模と流動性は、真剣に考慮するにもイデオロギー的な闘争を仕掛けるにも小さすぎるという意味で「もっともらしい」)であり、もうひとつがキュラトリアルな機能主義とでもいうべき、(遅れがちながらもユニークに足並みを揃えた世界的流行の集合的消費の結果として度々生じる)目新しいものや時流に即した時代精神的なものへとあまりにも性急に飛びつき、今まさに起きているできごとの複雑性や不確定性を事前に与えられたコンテキストや決まり文句によってあまりにも安易に消費してしまう傾向です。

私たちは、批判的な交渉によって保たれたアートの自律性と、この意味における美学の社会・政治に対する潜在的な力に最大の敬意を持って、アーティストの個々の思考と着想を広げるための空間を作り、そのための場所をこの世界のなかに保ち、その成果を社会と分かち合うために活動しています。

ご注意

- ギャラリーは通常は無人営業であり、ギャラリーのある美学校の開校時間中に閲覧可能です。展示作家やスタッフによる対応が必要な場合は、オープニングや関連イベントなどの際にご来場いただくか、事前にご相談をお願いします。
- ギャラリーはアーティストを所属させていません。展示作家との連絡が必要な場合は、各々の展示のインフォメーションにある連絡先などから直接ご連絡ください。

スタッフ

タムラマサミチ (キュレーター/ディレクター)
皆藤将 (撮影)


TANA Gallery Bookshelf
Tokyo | Kanda
Chiyoda, Kanda Jinbocho, 2 Chome-20, Daini Fuji Building 3F